バターナッツ、青トマト、畑じまい。

DSCF1645.JPGこの前の月曜の定休日に畑の片づけをした。小さい実がいっぱいついてるピーマンと、まだ青い南蛮は残して。
今年の畑が遂に終わったかと思うと、なんとも寂しい。3月の苗づくりから始まって、畑お越し、種まきや定植、念願の収穫、夏にはダレて、いつもの一年だった。それでも毎年毎年面白いことが起きる。今年はバターナッツが豊作だったのと、初めてオカヒジキとモロヘイヤに挑戦して、店で使えたこと。これは買ったものより歯ごたえがあって、採ってすぐ茹でるのだから美味しさは格別だった。
コリンキーの種から育てた苗の筈が、実ってみるとコリンキーとは似て非なるものだったり、黄色のミニトマトと思ってた種からオレンジ色のトマトが生ったり、種(しゅ)が混ざり合う面白さも実感。
IMGP9653.JPGさてさて、今年の畑の名残りの青トマトを追熟させて、ボチボチ食べながら晩秋を迎えているのであります。
今夜の音楽はCarlos Pueblaの『Hasta siempre Comandante』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

招き猫
2019年11月02日 07:50
あの面積でこんなに沢山の野菜が採れるなんて何と素晴らしいこと!私も畑をやりたいです。なんたって採れたての野菜は美味しいからね!
じょじょ店主
2019年11月02日 23:24
招き猫さん、そうなんです、あんなちっちゃな畑なのに結構採れるの!つくづく大地ってありがたいなぁって思います。