青々と。野菜の苗が生育中。

画像
今年はちょっとした事情があって、例年やっていた野菜の苗育ては難しいかも?と思っていた。
ところが、5年以上も続けていたきゅうりの種継ぎが途絶えてしまうのはもったいなくて、4月の中頃にやっぱり種を播き始めた。
もともとこのきゅうりは近くのホームセンターで苗を買って育てたもの。最初の年は半信半疑で、果たして実がなるものやら?と思ったほど。
タネというのは偉いもので、数ミリの小さな粒が土の中から芽を出して、大きな株に育ち、実をつける。ひどく曲がったきゅうりもあったりするけれど、真っすぐで形のよい実を選び、翌年の種を採る。
きゅうりの他に、エンドウ、トマト、ズッキーニも種を繋いでいる。去年頂いた珍しい黄色のトマトも種をとって播いて見た。苗は順調に生育中だけれど、果たしてどんな実をつけるやら、はたまたつけないやら?このハラハラドキドキ、まるで実験してるような気分も面白い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

まねき猫
2017年05月03日 08:48
生命の力って すごいよねぇ!植物も動物も そして人間も 見えざるに力よって 生かされている気がします。私も 今 与えられている環境で 命を全うしたい。肩肘張らずに のんびり ゆっくり 少しだけ頑張ります。もう 枯れ木に近いけれど‥‥。
じょじょ店主
2017年05月04日 00:19
ほんとに、そうだよね。
これだけ科学が進化して、遺伝子操作だのクローン技術だのというけれど、技術の力で生命は作り出せない。
私たちもそんな不思議な生き物なんだね。肩ひじ張らずに、のんびり楽しく生きていきましょう。
蛾の季節がやってきて、羽化したてのみずみずしい個体の美しさに驚嘆しながら、また一方で、翅がボロボロになってじっと公園トイレの壁に貼り付いて死を迎えようとしている蛾にも感動してます。
石井
2017年05月13日 22:45
ご無沙汰しました。畑の季節がやってきました。4月初めのぎっくり腰が、なかなかよくならず、やっと畑仕事ができるようになってきました。玉ねぎ、まめ、大根、サラダ菜、去年の11月に植えたにんにくは大きくなりました、収穫は7月終わりごろ、それに、去年は、台風の雨で畑が池になりほぼ全滅であったジャガイモも植え付けしました。種から育てる。そしてその畑になじんでくる。続けているうちに、植物が学習するそうです。そのうちに訪ねたいと思っています。沢山の小さな絵を持って行くかなとも思っています。観てくれますかね。今はそう思っています。夜は特に、朝になるとどうだったかと思うのです。それではまた。
じょじょ店主
2017年05月19日 22:54
石井さん、お久しぶりです。
畑はいいですね。もちろん収穫して食べるのが最終目標なんだけれど、私は土の匂いも大好きです。虫も。
にんにくは昨年収穫せずに放置したら、5~6本ずつかたまって青々とした葉が出てきてます。
気が向いたら、お天気のいい日に小さな絵をいっぱい抱えてじょじょにいらしてください。ただ、今年は事情があって私は店にいないことがあります。7月中旬以降はいつも通り毎日います。
野菜や種の話もしたいですね。

この記事へのトラックバック