美味しいエンパナーダ

画像
あれはもう5年ほども前のことかもしれない。音楽仲間の石田さんの紹介で南米ボリビアの青年たちがじょじょにやってきたことがあった。ボリビアの青年たちと言っても日系二世三世の子たちで、そうと言わなければ日本人に見える。私の末の娘ほどの若い人たちだった。
何に感動したかって、その美しい日本語に感動したのを覚えてる。何の話だったのかはもう忘れてしまったけれど、色の表現で「薄紫」とか「桃色」とか、ちゃんと日本語が生きていたこと!
その彼女彼らに料理を教わった。牛肉をふんだんに使った「ピケマッチョ」や「エンパナーダ」。その時に彼らに約束したのが、そのエンパナーダをじょじょのメニューにすること。何回も試作して、この店のメニューにできたのはその1~2年後だったと思う。
エンパナーダは、分かりやすく言えばロシアのピロシキに似たものかな?小麦粉で作った皮に、じゃがいもや鶏肉や茹で卵を、香辛料たっぷりに味付けして包んで揚げる。じょじょではそうしてるけれど、ほかにジャムを包んだり、チーズを包んだりのバリエーションもある。
ボリビアでは油で揚げるらしいけれど、アルゼンチンではオーブンで焼くみたいだし、フィリングもちょっと違う。でもどれも美味しい!
じょじょは玄米ごはん屋だから、エンパナーダを注文する方はそんなに多くはないけれど、隠れファンのいるメニュウです。
この坂の上の小さな店は、繁華街の店とは違って、びっくりするほど繁盛はしません。でもちゃんした食べ物を供したいので、色んな物を手作りします。梅干しもそうだし、夏には野菜、秋には一年分の割り干し大根。
画像

秋大根はとても美味しいから今シーズンも沢庵を漬けた。これがとてもよく仕上がって、この季節だけの一品。
画像

今夜の音楽はゲリー・カーで『美しき夢見人』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

茂吉
2014年01月11日 20:53
うわ~たくあんおいしそー。舌先にピリッと来そうですね。しばらく食べてないす。

posa
2014年01月13日 00:35
茂吉さんが、今度いらっしゃる時まであったら是非食べてみてくださ~い!
砂糖を入れてない、昔ながらのたくあんです。

この記事へのトラックバック