地球の反対側の音楽祭

昨年の暮れから野菜の高騰が続いている。毎週木曜日にじょじょに寄ってくださるベジショップ浅田の久美子さんによると、本州を襲っている寒波のせいらしい。 確かに昨日も東京で23センチの積雪だという。 寒い日本を横目に、南半球は夏まっさかり。南米アルゼンチンでは音楽祭が次から次へと行われていて賑やかだ。私の大好きなフォルクローレの音楽祭。『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けましておめでとうございます。

2018年が明けて、はや三日。 明日からの営業に備えて仕込み等々、気分はちょっとづつ普段に戻ってきました。 昨年12月に、思い立って薪ストーブを二階の居間に入れました。築30年を越えた我が家は断熱効果が年々弱まってるようで、軒から下がるツララは見事に大きく、そして家の中はいつもスース―隙間風。 火は素晴らしいです。着火とともにぐん…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

来週から葛布展、始まります。

先日みえたお客さんが言っていたけれど、今年は三十数年ぶりの紅葉の美しい年だそうな。 「美しい」などというそんな主観的なものに何年ぶりという言い方ができるの?って驚いたけれど、寒暖の差とかそれなりに科学的な分析の結果らしい。確かに近くの山々に限らず、我が家の畑のブルーベリーの紅葉の透明で鮮やかなこと! 秋も深まり、いよいよカレンダーも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トマトの収穫

今年は畑の世話もなかなかできないでいる。そのせいなのかあるいは気候のせいなのか、白いカビのようなものがズッキーニや南瓜の葉っぱにについてしまった。レタスはウリハムシにかじられ早い段階で全滅。 ちょっと淋しい9月の畑なんだけれど、そんな中でトマトが次々に色づいてきて、ちょっと気分が上向いている。 毎朝かごを抱えて畑に出て、色とりどりの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長い休暇のような…

風邪もひかない、熱も出さない、便秘もない、とにかく健康には人一倍自信があったのだけれど、驚くことにただいま入院中なのです。 婦人科のちょっとした手術を受けて、予後も順調に推移、退院も決まった矢先に腸閉塞。どうやら、腹部の手術の後は腸閉塞を発症する人は結構多いそう。 私はもう元気なのですが、腸がしっかり動いてくれない。腸が元気じゃ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

青々と。野菜の苗が生育中。

今年はちょっとした事情があって、例年やっていた野菜の苗育ては難しいかも?と思っていた。 ところが、5年以上も続けていたきゅうりの種継ぎが途絶えてしまうのはもったいなくて、4月の中頃にやっぱり種を播き始めた。 もともとこのきゅうりは近くのホームセンターで苗を買って育てたもの。最初の年は半信半疑で、果たして実がなるものやら?と思ったほど…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自然栽培米

なかなか春がやってこないですね。 例年なら野菜の苗を育て始めている頃なのだけれど、今年はわけあってできずにいます。 今年は市販の苗になってしまうかと思うものの、去年採った種が勿体なく思うのです。 今月の始めに、五月人形のような元気な男のお子さんを連れた男性が見えて、よくよくお話を伺うと当別で自然栽培のお米を作っていらっしゃるとのこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017年、明けましておめでとうございます。

今年の札幌のお正月は穏やかでした。雪も降らず、屋根の雪が陽光に温められポトリポトリとしたたるほど。 じょじょは年末28日からお休みに入っていて、私はいつもながらの年末年始。ちょっぴり違うのはだんだん真面目になってきているのかな?よそ見せずに計画通りにほぼ進行、これって人生初かもしれない。 一年に一遍しかしないお餅つきはちょっと失敗、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

近所のお散歩

まだまだ暑いけれど、ナナカマドの実は色づき、夜の庭には虫たちの声、畑のトマトは次々に赤くなりもう食べ飽きた感。北海道に台風のひどい災害はないと思っていたのに… 丹精込めて作った野菜が泥に覆われてしまった。被害にあわれた方たちに心からお見舞いを。 一か月ほど前のこと、左膝のちょっと下にコブのようなものを発見。膝をつくと痛くて気が付いた。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鳥たちは子育て、私は畑に店に忙しい!

急に寒波が襲ってきて寒い6月の始まり。 一週間ほど前に植えた苗が心配。ゴーヤは葉っぱが茶色くなっていて慌てて袋で覆う。やっぱり南国の野菜だったんだなと思う。種で播いたレタスは音沙汰なし。でもトマトやエンドウ豆は元気だなぁ。 朝にはからきし弱い私だけれど、毎朝畑を見なくては気が済まなくて、店の開店準備と並行して忙し忙し! 畑に降りて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月のお知らせ♪MINGLEと土田英順さん

なんというか、はや5月! 連休初日はまさかの雪の洗礼、確かにたまにはあることだけれど、折角の大型連休を楽しみにしていた方たちにはお気の毒な感じがします。 さて、5月。じょじょではふたつのコンサートがあります。 ひとつめは22日(日)のMINGLE。バイオリン、ピアノ、木管のトリオで、クラシックありポップスありジャズありの、とても楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春がやってきました。

今年は雪解けが早い。 いつもならせっせと雪割りしてやっと店回りの歩道をきれいにするのに、今年はなんにもしなくてもすっかり雪は消えてしまった。今夜は雨、庭の雪も、畑の雪もどんどん融けていく。春だね、嬉しい嬉しい春がやってきた。 もうすでに野菜の種はポットに植えた。キュウリにトマト、ズッキーニ、茄子にピーマン、ゴーヤも。青紫蘇に赤紫蘇、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モーツァルトのレクイエム涙の日を聴きながら

明日は定休日。 やはり日曜の夜はほっとする。 美味しいワインを飲みながら、ちょっとした調べものしたり、久々にギター弾いたり… 一昨日の、楽しかったよしだよしこさんのライブ思い返したり。 最近不思議に思うこと。2009年に亡くなった友人を毎日のように思いだすこと。 勿論亡くなった直後はいつもいつも脳裏から離れなかったけれど、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いくつになっても誕生日は!

2月15日は私の誕生日。63回目となってしまった。 いわゆる厳寒期の、一年でもっとも寒い中で生まれたことを結構気に入ってる。 そうして、2月が好きなのにはもう一つ理由があって、一年で一番最初に春を感じられるから。 2月の末にもなると、たまにふわっと暖かい日がやってきて、そんな日は土の匂いがどこからともしてくる。農村育ちだったからね…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

豆乳チーズで作るベジピザ

数日前にかかってきた一本の電話。 「ビーガンの友人(外国人)に頼まれて電話しています。そちらではビーガンに対応できますか?」と。 ベジタリアンはもうすでに認知されているけれど、ビーガンという言葉はまだかも?とても厳格な菜食主義で、卵・牛乳は勿論、蜂蜜もとらない人々です。 じょじょは野菜中心で、ベジメニューもいっぱいあって、ベジタリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アカゲラがやってきた!

じょじょの餌台にアカゲラがやってきた。 二日続けて、デッキ側の席に座ったお客さんが「あらら、珍しい鳥がやってきましたよ!」と声を掛けてくださった。 毎日スズメがやってくるデッキ。くず米とあられは欠かさない。暖かい時期は残りご飯を出すけれど、冬は凍ってしまうので、残りご飯は乾燥させてから油で揚げてアラレにして餌台に。その脂っこいのがき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016年

明けましておめでとうございます。 今年もしっかり仕事していこう、生きていこうと思ってます。笑 よろしくお願い致します。年末年始のお休みは8日間、年に一度のまとまった休日。年末のこととて大掃除(小掃除に終わったけど)、餅つき(機械だけど)、おせち作りなどなどはあったけれど、自分の時間も結構持てた。 ほったらかしだった紡ぎ車を調整して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年

今日は今年最後の営業日。 2015年、たくさんのお客様に来て頂きました。 本当にありがとうございました。 1994年に友人たちと玄米食を中心にした店をオープンして、様々な紆余曲折を経て、この場所で再オープンしたのが2004年。あまりに細々とした経営で、いつまで続けられるのやら…と不安に思ったことは幾度も。 店の横でほんの小さな畑…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

棚、棚、棚、

一時、ユングの夢判断に凝っていた時があった。 自分に何が起こっているのかどうにもわからなかった頃。 夫との膠着した関係、自分の病気、経済的困窮、大事な子供たちの困難。 人生とは面白いもので、昔の人も今の人も人生を流れる川によく例えるけれど、本当に私も人生は川の様だと思う。 荒々しく流れる時もあれば、穏やかに陽の光を反射して悠々と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年賀状を書きながら…

私には珍しく早々に年賀状の準備してる。 去年までは暮れの忙しいのが終わって、元旦にのんびり(結構焦ってもいるけど)書いていたんだけれど、昨年の暮れからできれば元旦に届くようにと思って年賀状を書くようになった。 どちらがいいとは一概には言えないよね。 届いた賀状を読むと、それぞれに身辺の変化があったりして、その一枚一枚に返信するよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more