野菜の季節

IMGP9796.JPG緊急事態宣言が終わって、少しずつ通常に戻っていくのかなと思いきや、なかなか元通りにはならず、結構暇な毎日が続いています。店が暇なのをいいことに、その分畑仕事にいそしんだりしてるのです。
畑を作り始めておそらく10年ほどなんだけど、ナスは満足にできたためしがないのです。それでも収穫はうれしくて嬉しくて、穫れたてはやはり美味しいのです。
IMGP9790.JPG
今年の苗づくりは少し遅くて4月にはいってから。トマト、きゅうり、バジル、ズッキーニ、南蛮、ししとう、コリンキー、バターナッツ、キャベツ。今年買った種もあるけれど、ほとんどがこれまでつないできた種。先日テレビの園芸番組で「苗半作」という言葉を知りました。苗の出来が収穫の半分を決定するということらしくて、家庭菜園ならそれだけ苗選びが大切だよという意味合いで使っていたと思います。
私の作る苗は、おそらくそんなに立派な苗ではないので、収穫がイマイチなのもそっか~と頷いた次第。それでも市販の苗を使わず、自分で種をつなぐには訳があって、ま、一番の理由は苗代節約のためなんだけれど、それと同じくらい大きな理由がとにかく面白いからなのです。作物がちょっとずつ変化してる。それには交雑ということもあるでしょうけど、土地に馴染んできてるというのも感じます。こぼれ種から出てくるレタスが今年はとても元気。もともとは市販の苗から育てて10年つないだきゅうりが、だんだんずんぐりした形になってきて、加賀太きゅうりの小型版みたいになってきてて、今年はどんなになるのか興味深々です。
IMGP9764.JPG

今話題になっている種苗法も注目しているけれど、地球上の土壌がどんどん失われているということも最近知って、驚いているところです。化学肥料を使っていると、簡単に栄養分をとることができるので、作物がしっかり根を張らないので、その分土壌が失われやすいらしいのです。
『印鑰智哉「食と農からみた生物多様性」』https://www.youtube.com/watch?v=dbRQSpxogXM

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

招き猫
2020年06月16日 09:44
なるほど、野菜作りも奥が深いですねぇ!私は今マンションの花壇のお世話をしていて、花の成長を観察したり、草をむしったり、水は足りてるかなぁと心配したりの日々ですが、野菜も作ってみたい。共用の畑ではそうも行かなく、いつか、いつかと、夢見ています。その時は色々教えて下さいませ。
じょじょ店主
2020年06月17日 06:29
もう20年以上も前のことですが、友人たちと長沼の畑を借りて野菜を作ったことがありました。長沼はちょっと遠すぎてなかなか行けなかったのが残念でしたが、せっせと働き汗を流して、みんなで食べたお弁当が最高に美味しかった!
どこか野菜作りができるところがあるといいですね♪