スモークツリー満開

去年に続き、今年もスモークツリーがもこもことたくさん花をつけている。
葉っぱはちょっと赤銅色がかっていて、ご近所の庭にもちらほらあるのだけれど、こんなに大きな木は珍しいのか、たまに写真を撮っていかれる方もいる。
「スモークツリー」の名前で通っているけれど、友人のフランス人は「煙の木」と呼ぶ。言葉選びは面白いと思う。以前ボリビアの日系2世の若者が色の名前を日本語で表現したときの感動を思い出す。グレイだのブルーだのと、すっかりカタカナ言葉に慣れた耳にはそれがとても新鮮だった。
画像

画像

この木は、今のところにじょじょを再オープンした際に友人たちがプレゼントしてくれたもので、当時の写真と見比べてみると14年の歳月が見えてくるようだ。

今夜の音楽は『La Nochera』
ずっと前から気にかかってたアルゼンチンの曲だけれど、最近またよく聞いている。歌詞が難解で、どうにか理解できたらいいなと思っている。作詞者のハイメ・ダバロスの詩の朗読にヒントがあるかもしれない。どなたかスペイン語のわかる方がいたら教えていただきたいです。アルゼンチンの女性歌手Veronica Condomí の歌で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

招き猫
2018年07月17日 10:49
先日 ある所で ある人に「あれ なんですか?」と聞いたら「スモークツリー」と教えて頂きました。昔じょじょで見た事も 名前を聞いた事も すっかり忘れていたのです。情けなや‥‥。14年でこんなに大きくなるんですねぇ!日本の色の名前も情緒があって良いのですが 実際には中々覚えられません。 
じょじょ店主
2018年07月18日 23:37
覚えていないのは当然!こんなに花が咲くことはなかったから、スモークツリーらしからなかったことでしょう。あんまりもじゃもおじゃになったので、少し切らなきゃと思ってます。
色の言葉もたくさんありますが、橙色はきっと全世界で「みかん色」だろうね、とお客さんと話したところです。

この記事へのトラックバック