自家製みりんのワークショップ

画像
今週の月曜日、じょじょの定休日にあわせての「手作りみりんワークショップ」。
講師は、無農薬でお米やお豆を育てている当別の菅村さん。じょじょの玄米もすがむら農園さんのもの。
味噌作りをしている方は結構いらっしゃるけれど、味醂を作るというのは思いもよらなかったので、とても楽しみにこの日を待ったのでした。
食べるとか、美味しいものを作るとかということはとても幸せな行為なんでしょうね、初対面の方々がなんとも和気あいあい和やかな雰囲気。
材料はもち米、麹、焼酎、塩。シンプル。味醂は使わず、酒と砂糖で代用するいう話をたまにきくけれど、風味が全然違います。熟成に半年かかるらしく、実際の調理に使えるのは少し先のことで、でーんと構えて待っていましょう。
私はワークショップのあいだ中、参加者のお子さんの子守り役、4カ月のお嬢さんは二度ほどぐずったけれど、とんとん背中を叩きながら揺らしていたら、すやすや眠りについて、その可愛いこと!
画像


明日はひな祭り。長沼の小豆で漉し餡をつくったので、桜餅を作る予定。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

招き猫
2018年03月03日 10:47
手作り味醂 良いですねぇ!赤ちゃんをお守しているせっちゃんも雰囲気ある~!近い内にお邪魔したいです。
じょじょ店主
2018年03月04日 09:21
招き猫さん、おはようございます!
みりん、出来上がったら味見してみてください。
赤ちゃんの寝顔みてたらね、未来を託すような気持ちと、このお嬢さんに幸あれと思う気持ちと、ただ単純に感動する気持ちとがないまぜにあってね、いい時間でした。
もうちょっと暖かくなったら、どうぞお越しください。

この記事へのトラックバック