店主のひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さな頭でかんがえる、かん蛙、考える。

<<   作成日時 : 2015/10/03 02:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

なんだかびっくりするほど季節が進みました。数日前から店にはストーブ、お客さんは半袖からダウンジャケット!
今夜は後片付け&仕込みをしながら、頭の中は今の日本のことばかりが巡って…
あぁ、いけない!仕込みの時は仕込みに集中しようと、頭をプルプルさせる。
安保法案が通って、防衛装備庁が発足、平和目的だって。ちゃんちゃらおかしいよね。
日本の経済界が大歓迎、武器を売って潤いましょうとは、なんと恥ずかしいことだろう、と私は思う。
この小さな店は、日本の古くからある美味しい天然醸造の調味料を使い、この地で穫れる野菜を使い、体に資する食べ物を供したい一心で営んでいる。心身を養う食べ物は、高価な外国の珍品でも、変な化学物質でも決してなくて、質素でも身近に産するものだと思ってる。そう思ってやっている。
だから一生懸命、小さな畑を耕し、夏には朝もぎの野菜を供し、それ以外の季節には国産の食材を買い求めている。
そんな店だから福島の原発事故の時はとても恐ろしいことが起きたと、心底驚愕した。あの時以来、食材を選ぶのにまた条件が増えてしまった。そんな日本がまた原発を再開してしまった。
私の小さな頭は、小さな脳みそは、フル稼働。平和な日本に、世界の平和に貢献できるような日本になって欲しいのだ。そして私はどうすればいいのだ?
写真は友人から貰ったフウセンカズラの種、ハートマークが付いてる!
画像

今夜の音楽はIgnacio Anzoateguiで『Maria Luisa Zapiola』、スペイン語の歌詞の内容はよくわからないのだけれど、恐らくちょっと悲しい詞だと思う。でもこの優しい曲が好きです。



Ignacio Anzoateguiで『Zamba para Javier』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
生まれ、故郷の福島に行ってまいりました。山にはたくさんのアケビがなっていました。アケビを見ると店の庭を思い出します。今年も実をつけているのだろうかなどと、かえるといえば草野心平を想い浮かびました。いわき生まれの心平さんです。お元気ですか。すっかりご無沙汰です。この三月で退職しふらふらしています。近いうちアケビを食べに行きたいと思っています。あしからず。それではまた。
ishii
2015/10/04 19:04
ishiiさん、こんばんは。
退職してのんびりすごしていらっしゃるのですね、なんとも羨ましい。今年のアケビは色つやがちょっと悪くて、あまり美味しそうにはみえません。枝葉があまりに茂ったものだから、夏にバツバツ伐ったのがいけなかったのかもしれません。それでもいくつもなっていますので、どうぞお越しください。
草野心平は私も好きな詩人です。我が家の本棚の片隅に文庫本がある筈。
カエル蛙考える、ishiiさんの同僚だった亡き「心平さん」が生きていたなら「今」をどんな風に考えたかな?
私のギターの師匠でもあったので、ギター弾く度そんな風に思ったりしています。ではでは!
posa
2015/10/04 21:37
María Luisa Zapiola知らなかったのでしらべてみました。
http://lucascarrasco.blogspot.jp/2009/06/maria-luisa-zapiola-de-anzoategui.html
活動家のようですが、私のスペイン語力ではもっともっと時間を掛けないと理解できませんでした。
Ignacio Anzoáteguiも良く知りませんでしたが、チャルチャレーロスナンバー「Zamba Para Javier」を作った人なんですね。優しい歌声ながら、個性的。
gonza
2015/10/05 12:21
gonzaさん、こんばんは。
「Zamba Para Javier」もいい曲ですよね。
私の持っている音源を貼り付けましたので、アンソアテギの歌も訊いてみてください。「voces de la patria grande」から落としたものです。ゴンザさんが教えてくれたサイト、覗いてみました。私にもこの文章を理解することはできません。スペイン語力をもっと見に付けたいものです。私もちょっと調べてみました。http://www.nuevahispanidad.com/seccion2.php?sb=4&sor=161 にはIgnacio AnzoáteguiはMaría Luisa Zapiolaと結婚…とありました。
最近はよくアンソアテギを聴いています。
posa
2015/10/06 00:57
1曲目が聴けないのですが、Ignacio Anzoategui『Zamba para Javier』は聴けました。とてもいい雰囲気ですね、夜中に一人、じょじょの店内でこのあたたかい音楽を聴いているなんてとても豊かな暮らしですよね!
日本はホントに恐ろしくて恥ずかしい国です。あいつら金儲けのためなら本当に何でもやる。毎日悲しい気持ちになります。ああ、じょじょでゆっくりしたいです。
金一
2015/10/06 03:19
金ちゃん、一曲目も聴けるようにしました♪
私自身はとても豊かです。美味しい食べ物や音楽、いいお客さまに素敵な友人たち!草や虫を愛でてね!お金はなくとも心は豊か。笑 金ちゃんファミリーにも会えるしね!
でもホントこの国がね…。
若い人たちの動きは希望ですね!おじさん・おばさんも頑張りましょう!

posa
2015/10/06 18:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
小さな頭でかんがえる、かん蛙、考える。 店主のひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる